薪ストーブ初心者のあなたへ 薪ストーブ着火は確実に、消火は消えるのを待つ

薪ストーブ
スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

薪ストーブの着火

 

着火は、慣れるまでに何度か換気することになります。

ファンヒーターや石油ストーブのようにスイッチ1つで着火しません。着火剤をお勧めします。

匂いが無く確実に安定して着火させるたには、一人鍋で使う固形燃料がお勧め。

 

固形燃料

着火剤について

 

薪ストーブ1分講座 焚き始めに使う固形燃料です。

薪ストーブの焚きつけについて

 

 着火剤だけで薪を燃やすことはできません。YouYubeでも発信していますが、火を育てて炎にして熾火にします。

いきなり、太い薪を燃やすことは難しいので焚きつけを使います。

 

主な焚きつけ

主な焚きつけは以下の通りです

  • 乾いた杉の葉
  • 乾いた竹
  • 乾いた小枝
  • 小割の杉
  • 松ぼっくり
  • 使い終わった割り箸
  • 建築端材

 

薪ストーブの焚きつけを作る。 ハスクバーナ ハチェットH900で割りました。

 

薪ストーブの消火

 

これも、ファンヒーターや石油ストーブのようには行きません。

勝手に消えてくれるのを待ちます。吸気と排気を全開にすれば、燃焼が進み早く消えてくれます。

早く消すと、炉内の温度も下がるため次回の点火時には冷えている状態です。

吸気を絞ると良いと思います。

 

非常時の消火

 

我が家では非常時に備え、家庭用消火器を置いています。もちろん、 火元に消火器があっても使えませんから薪ストーブから離れた場所に置いてあります。

一度も使ったことはありませんが、是非備えて置きたいですね。

 

斧と鍬ブログ
タイトルとURLをコピーしました