スポンサーリンク
薪割り

キャンプで安全に薪割りをするなら手斧がお勧め

薪割りは刃物を使うので、身体を守る防具を着用して安全に薪割りをしたいですね。安全に割るためには、割るものに対応できる斧を準備して薪割り台の上で割るようにすれば気持ち良く安全に楽しめます。“ハスクバーナ ハチェット H900″、”Fiskars フィスカース X7” をお勧めします。

薪ストーブ初心者のあなたへ FISKARS X25とHusqvarna A2400を比べる

FISKARS X25とHusqvarna A2400共に、テフロン加工されたヘッドと振動が伝わりにくいFRP中空シャフトを採用しており長さもほぼ同じと言って良いが、刃の形状・刃の長さ・刃の厚さが大きく異なる。刃の違いは割り易さに影響している。

薪ストーブ初心者のあなたへ 斧を比べてみた(斧をスギの繊維と直角方向に振り下ろして検証)

刃先が鋭利でエラが張っているFISKARS X25と重さがあるが刃先が丸みを帯びているメキシコ製斧の割り易さを比較しています。スギを繊維と直角に割ることで刃の喰い込み具合が分かります。

薪ストーブ初心者のあなたへ おすすめの1本 FISKARS X25 

FISKARS X25は、軽くて刃先に重心があり鋭利な刃で薪を切る事ができるので、扱い易く少ない力で効率的に割ることができるので疲れない。非常に良い斧である。

薪ストーブ初心者のあなたへ Fiskars X25 レビュー

Fiskars X25は、良い斧ですね。軽くて扱い易いので薪割りが捗ります。

使ってみたい斧 フィスカース X25

柄の長さに比べヘッドが軽くて割り易そうであり、疲れにくいであろと思います。夏に薪割りをするにはいい重さでは無いでしょうか。Fiskars(フィスカース)X25
薪割り

薪ストーブ初心者のあなたへ おすすめの斧

薪ストーブユーザーにおすすめの斧は、helko(ヘルコ) スプリッティングマスター DT-6、柄の長さが丁度良く刃先に力が集まり割り易く疲れにっくい。コストパフォーマンスも高いですよ。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました