薪割り

スポンサーリンク
薪割り

キャンプで安全に薪割りをするなら手斧がお勧め

薪割りは刃物を使うので、身体を守る防具を着用して安全に薪割りをしたいですね。安全に割るためには、割るものに対応できる斧を準備して薪割り台の上で割るようにすれば気持ち良く安全に楽しめます。“ハスクバーナ ハチェット H900″、”Fiskars フィスカース X7” をお勧めします。
薪割り

薪ストーブ初心者のあなたへ 斧による薪割りのコツ 

薪割りで苦労しないためには、割り易い部分を集めましょう。また、端材を減らすためにも薪の長さの基準を設けます。薪棚の周りに陳列しない工夫が必要です。
薪割り

薪ストーブ初心者のあなたへ 薪ストーブの薪は小割が良い

大割の薪を焚くのは簡単だが、本当に中まで乾燥しているのでしょうか? 半端に乾燥した薪を焚くのではなく十分乾燥した薪を焚きたいので小割にしている。手間は掛かるが回転が早いし熱量も十分で薪ストーブや煙突に優しい。
薪割り

薪ストーブ初心者のあなたへ 「鳶口」は薪作りの効率が上がります

薪割り、玉の移動など幅広く使えます。腰を曲げる頻度が減り身体に優しい道具です。1本は欲しいですね。
薪割り

薪ストーブ初心者のあなたへ 直径4㎝以上の枝は割るべき

薪ストーブの煙と臭いを抑えるためには、とにかく乾燥させることです。直径4cm以上の枝の内部は殆ど乾燥していません。
薪割り

薪ストーブ初心者のあなたへ おすすめの斧

薪ストーブユーザーにおすすめの斧は、helko(ヘルコ) スプリッティングマスター DT-6、柄の長さが丁度良く刃先に力が集まり割り易く疲れにっくい。コストパフォーマンスも高いですよ。
薪割り

薪ストーブ初心者のあなたへ 薪割りで行うべき安全対策はこれだ

薪ストーブユーザーが薪割りで行うべき安全対策。長袖・長ズボン。帽子・手袋・安全靴は必須です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました