薪ストーブ初心者のあなたへ ハスクバーナ135eチェーンソー注油のポイント

チェンソー
スポンサーリンク

 

突然ですが今回は、チェーンソーの注油について書きます。YouTubeの「楽しく薪割りチャンネル」で動画をアップしましたのでブログも連動させました。

ガイドバー先端にあるスプロケット部は、グリスアップが必要です。また、クラッチドラム部分のニードルベアリングへの注油も定期的に行う必要があります。写真、動画で使用しているのはハスクバーナ135eです。

 

説明書を読もう

 

実は私、スプロケット部へはグリスアップではなく注油をしていました。ニードルベアリングに至っては注油してませでした。

動画への投稿でメンテナンスとグリスガンを教えて頂き、説明書を読むと書いてありました。早速、教えて頂いたグリスガンを購入しやっと動画ができました。

 

135e取扱説明書

 

注油の手順

 

ガイドバーを外す

ノブを緩めチェンテンショナホイールをマイナス方向に回してチェーンを緩めた後、クラッチカバーを外しガイドバーを取り外します。

ガイドバーの溝の清掃

溝の部分は歯ブラシなどでゴミ取り、先端のスプロケット注油口のゴミも掻き出します。

 

グリスガンでスプロケットにグリス注入

掃除が終わったらグリスガンでグリスをちゅうにゅうします。今回使用したグリスガンは、OREGON社製の使い捨てタイプの物です。使い方は至って簡単でグリスガンを穴に突き立てるようにしてたらグリスガンを押すだけです。

 

ニードルベアリングへの注油

油指しを持っていないので556で軽く噴射しました。ここで注意することには、クラッチシューには油を付けないことです。

 

時々ガイドバーをひっくり返す

注油が終わったら組み立てます。時々ガイドバーを反対に取り付けます。こうすることで均一に消耗していきます。

 

 

YouTubeでも発信しています。

チェンソーのメンテナンス ガイドバースプロケットのグリスアップとニードルベアリングへの注油
チェーンソーの手入れ。日常の手入れについて説明しています。クリーナーは、時々使った方がいいですね。

 

斧と鍬ブログ
タイトルとURLをコピーしました